トランクルームサービスってどうなの?代表的なサービスを比較してみました。

たまにしか使わないのに、場所をとってしまうものってありますよね。特に趣味が多い人は、意外と住居スペースを侵食してしまってるのでは。
そして、そんな時、検討してみたいのが収納スペースをレンタルできる、トランクルームサービス。
今回は、トランクルームのタイプの整理と、代表的なサービスの特徴や料金比較、口コミをご紹介します。

目次

そもそもトランクルームやレンタル収納スペースとは?

トランクルームやレンタル収納スペースとは、自宅で保管しきれない、あるいは場所を取ってしまう荷物を、預けて保管してもらえるサービスです。

着ていない服や思い出の品など、捨てるに捨てられないけれど自宅に収納できない場合にも、便利といえるでしょう。 利用方法や保管方法の違いについては、以下のように分けることができます。

トランクルームには大きく分けて3タイプ

屋内型トランクルーム

ビルなどの建物の中で利用できる、レンタル収納スペースです。業者によってはカードキーで建物に入り、自分の収納スペース用の鍵も使って利用します。
スタッフが常駐している場合もあり、セキュリティがしっかりしていることが多いですが、料金は屋外型トランクルームに比べ高いことが多いです。建物全体を利用したもの、1フロアだけのものなど、様々です。

屋外型トランクルーム

外に設置されたコンテナなどを利用する、レンタル収納スペースです。
外に設置されているためセキュリティに不安を感じる人も多いようですが、鍵に加えて防犯カメラを設置するなど対策を取っている業者もあります。トランクルームの中では、一番リーズナブルに利用できるタイプとなります。

宅配型トランクルーム

収納したい荷物を専用のボックスや段ボールなどに詰めて梱包し、トランクルーム会社に連絡して集荷してもらい、荷物を保管するサービスです。
荷物の出し入れを集荷・配送で行なうため、急に必要な荷物を出しづらいですが、セキュリティが完備された保管スペースで管理してもらえるのが特徴です。また、屋内型トランクルームより安価で利用できる業者が多いのも特徴です。

タイプ別のメリット・デメリット

屋内型トランクルームのメリット
  • 建物内で荷物を保管でき、盗難の心配が少ない
  • カードキーや防犯カメラ完備で、警備会社と提携しているトランクルーム会社もある
  • 空調管理がされており、荷物が傷むことやカビの発生を防止できる
  • スタッフが常駐しているトランクルーム会社もあり、女性一人でも利用しやすい
  • セキュリティや空調の面で、高価な品物やデリケートな荷物でも安心して保管できる
  • 24時間365日利用可能である場合が多い
屋内型トランクルームのデメリット
  • 利用料金が高め
  • 収納スペースが広くない場合もあり、荷物の大きさによっては保管できない
  • 上階のトランクルーム だと、荷物の出し入れが面倒
  • 他の利用者の目に触れる
屋外型トランクルームのメリット
  • 屋内型、宅配型と比べ、利用料金は安い
  • 収納スペースが広く、大きな荷物でも保管できる
  • 場所によるが、車をコンテナに横付けして荷物を出し入れすることができる
  • 24時間365日利用可能
屋外型トランクルームのデメリット
  • 空調設備がなく、庫内の温度や湿度によって荷物が傷んだりカビが発生する可能性あり
  • 天候の悪い日は荷物の出し入れが困難
  • 雨、風が入り、収納スペースが汚れることもある
  • 外にコンテナが剥き出しであり、鍵をかけても盗難が心配
  • 他の利用者、通行人の目に触れる
宅配型トランクルームのメリット
  • トランクルーム まで行く必要がなく、自宅で完結
  • 空調もあり、セキュリティ性も高い
  • 屋内型と比べ、月額料金が安め
  • 他の利用者の目に触れない
宅配型トランクルームのデメリット
  • 荷物を出したくても、すぐに出せない
  • 安全上の理由で保管場所が知らされず、保管状態が見えない
  • 送料が発生するため、こまめに出し入れすると高額となる
  • 荷物を規定のサイズで梱包する必要があり、大きい荷物の保管ができない

屋内型トランクルームに適した利用者や荷物

利用者

・空調管理や高いセキュリティを重視する人
・常駐スタッフがいるなどの安心感を求める人
・荷物をいつでも出し入れしたい人
・駅前などのトランクルーム を利用し、仕事場への往復時に利用したい人

荷物

・美術品、貴金属など高額な品物、傷みやすい衣類など
・それほど大きくない荷物全般

屋外型トランクルームに適した利用者・荷物

利用者

・利用料金を抑えたい人
・車をコンテナに横付けして積み下ろししたい人
・熱や湿気に強い荷物を保管したい人
・大きな荷物を保管したい人
・荷物をいつでも出し入れしたい人
・工事業者(一時的な倉庫利用)

荷物

・バイク、自転車
・大量の書類や、鉄骨などの熱や湿気に強い業務用品
・ガーデニング用品(土、肥料など)
・陶器や金属の食器
・家具(引越し時に一時的に保管するなど)

宅配型トランクルームに適した利用者・荷物

利用者

・家から出たくない、または子育てや介護などで外出しづらい人
・荷物の出し入れを頻繁にしなくてよい人
・空調管理や高いセキュリティを保ちつつ、利用料金はなるべく抑えたい人
・専用ボックスやダンボールで梱包することが苦にならない人

・他の利用者に見られたくない人

荷物

・しばらく着ることがない衣類、めったに読まない本など
・業者が配送するため、割れたり、壊れたりしにくい荷物
・梱包が可能な、それほど大きくない荷物全般

ここからはトランクルームサービスを展開している代表的な5社について、それぞれの特徴をご紹介します。

キュラーズ(Quraz)

キュラーズは、建物の中のスペースを借りて収納する「屋内型」を採用しているトランクルームです。

駅から比較的近い場所にも店舗があり、通勤・通学のついでに利用できる場合もあります。

明るく、清潔感も重要視した店舗です。日中までは店舗スタッフがおり、荷物の出し入れも24時間可能となっています。セキュリティも万全で、カードキーや防犯カメラ、店舗スタッフの巡回、警備会社との提携も実施しています。

このように、利用のしやすさやセキュリティを重視しているキュラーズですが、保管環境についても、24時間の温湿度管理でカビなどを防止しています。また火災・盗難保険も収納スペースごとにかけられています。 そして無料の駐車場もあり(八丁堀店を除く)、車でも利用しやすいトランクルームとなっています。

月々の利用料金は店舗によって異なります。同じ面積をレンタルしても、都心か郊外かによって倍近く違っていることもあります。
料金の支払い方法は、口座振替・銀行振込・現金払いとなっており、初月費用のみクレジットカード払いに対応しています。1カ月からの利用も可能です。
最低限、月額利用料+セキュリティカード代で利用できますが、警備会社が緊急出動した場合や別途のオプションを利用すると、追加費用が発生します。

トランクルームの中では料金が安いほうとはいえないものの、清潔感のある店舗、スタッフの存在、充実した空調・セキュリティ設備が魅力といえるでしょう。

キュラーズ(Quraz)の特徴をまとめました

  • 清潔感があり明るい
  • セキュリティが万全(カードキー・店舗スタッフ・防犯カメラなど)
  • 駅から近い店舗もあり
  • 24時間出し入れ可能
  • トランクルーム各社の中では、月々の利用料金が高め

スペースプラス

スペースプラスは建物の中の収納スペースを利用する屋内型と、外に設置されたコンテナに収納する屋外型の、両方のトランクルームを合わせ持ったサービスです。

屋内型・屋外型のどちらを利用しても、24時間いつでも荷物の出し入れが可能となっています。

屋内型では、空調管理や防犯カメラの設置は必須でされています。ただしそれ以外の設備や収納スペースの面積については、店舗によってばらつきがあります。そのため料金に関しても、店舗によって違います。店舗ごとの設備状況や料金もよく確認してから、利用するとよいでしょう。

屋外型では、外に設置されたコンテナを利用するため、車を横付けして荷物を出し入れできる利点があります。
様々なトランクルームの中でも、屋外型は利用料金が安く、 スペースプラスも同様です。屋外型は、場所によっては防犯カメラもない場合があり、料金もやはりばらつきがあります。

利用開始にあたっては、手続きがアパートなどの賃貸契約と似ており、当月分日割り賃料と翌月分賃料、契約事務手数料(月額賃料の1ヶ月分)、さらに店舗によって礼金1ヶ月分が発生します。 毎月の利用料金は安くても、初期費用がある程度かかる点は注意が必要です。

スペースプラスの特徴をまとめました

  • 屋内型、屋外型を選べる
  • 24時間いつでも荷物の出し入れ可能
  • 初期費用がかかる

.R(ドッとあ~る)コンテナ

.R(ドッとあ~る)コンテナは、関東・名古屋・福岡を中心に展開しているトランクルームです。

屋内型、屋外型を選べ、24時間いつでも利用ができることが特徴です。

搬入、搬出の際は台車を無料で貸し出してくれるので、大きい荷物でも安心です。
料金は場所によって異なりますが、最安で月2,000円台~。最短で契約当日から利用することもできるようになっています。

.R(ドッとあ~る)の特徴をまとめました

  • 関東・名古屋・福岡を中心に展開
  • 屋内型、屋外型を選べる
  • 24時間出し入れ可能

サマリーポケット

「サマリーポケット」は、衣料品のオプションサービスが充実している宅配型トランクルームサービスです。

いくつかのテレビ番組でも取り上げられ、注目を集めているようですね。 サマリーポケットの魅力の一つは、リーズナブルな利用料金です。

ダンボール1箱の月額保管料は、「レギュラーボックス(幅38cm × 奥行38cm × 高さ38cm)」で、なんと300円。気軽に利用できる料金ですね。
専用のダンボール箱を送ってもらい、それに荷物を入れて、集荷してもらいます。預けた荷物は写真撮影され、Webサイトやアプリから、確認できます。

サマリーポケットの特徴をまとめました

  • 利用料金が安い
  • オプションが充実している
  • アプリで簡単に管理できる

宅トラ

宅トラは自宅にいながらweb上で集荷・出荷依頼をして出し入れができる、宅配型のトランクルームサービスです。

ヤマト運輸との提携が特徴で、配送は全てヤマト運輸が行います。小さいサイズでは指定のダンボール3個(ちびトラ3)から、カーゴを使用して冷蔵庫のような大きな家電でも保管してもらえます。
預けた荷物は個別に撮影され、web上で確認や出荷指示ができます。

預入期間が6カ月以上となっており、宅配型のトランクルームでありながら大きな家具や家電、あるいは沢山の荷物を収納できる点が、他社との大きな違いといえます。
預けた荷物を小出しに出庫することはできますが、6カ月未満の解約(全て出庫)でも6カ月分の料金が発生するため、短期的に預けたい場合には適さないサービスといえるでしょう。
全国的な対応範囲を持っており、首都圏以外でも利用可能です。

初回に申し込む際は「スタートアップキット」という書類一式やダンボールを送ってもらい、記入や捺印、返送が必要となります。
その後にヤマト運輸から連絡があり、集荷日時を調整する流れです。

集荷された荷物は撮影・登録され、その後webサイトから預けた荷物の確認や出荷依頼ができるようになります。
支払い方法は、初回の倉庫に送付するための費用は現金、それ以降の費用はクレジットカード払いとなります。

宅トラの特徴の特徴をまとめました

  • 大きな家具や家電も保管できる
  • クロネコヤマトが集配を担当
  • 6カ月以上の利用が前提

まとめ

駅の近くにあり通勤のついでなどに気軽に利用するなら「キュラーズ」、大きな家具や家電などを預けたい時は「スペースプラス」や「.R(ドッとあ~る)コンテナ」などの屋外型があるトランクルームが良さそうですね。
直接持っていく手間や時間をかけたくない人は宅配型の「サマリーポケット」や「宅トラ」が便利です。

選び方のポイント/おすすめ

※2019年3月1日現在のWebサイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

シェアする